睡眠導入剤アモバンについて

アモバンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類される睡眠薬です。従来の睡眠薬よりも睡眠作用に特化していて、ふらつきなどの副作用が少ないお薬になっています。依存性も軽減しており、とても有効なお薬です。

睡眠は日常の生活で非常に重要ですが、睡眠障害(寝付の悪さ・途中で目覚める等)は、疲れも溜まりストレスの原因となります。アモバンは、短時間型睡眠薬と呼ばれており、アモバンに含まれている有効成分ゾピクロンがあなたの脳の神経を沈め緊張をほぐしてリラックスした状態に導き、服用後30分位で薬効が高まり睡眠へと導いてくれます。アモバンは他の睡眠薬と比べるとより自然にあなたを睡眠へ導くと言われています。

飲み方:

不眠症の場合:通常、成人は主成分として1回7.5〜10mgを就寝前に服用します。なお、年齢・症状により適宜増減されますが、10mgを超えることはありません。就寝の直前に飲んでください。いったん寝たあと、短時間後にまた起きて仕事などをする必要があるときは飲まないでください。飲み忘れた場合は、翌朝起きるまでにかなり時間があれば1回分飲んでもかまいません。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

麻酔前投薬の場合:通常、成人は主成分として1回7.5〜10mgを就寝前または手術前に服用します。なお、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されますが、10mgを超えることはありません。

睡眠薬とアルコールとの併用は控えるようにしましょう。絶対にダメという禁忌ではありませんが、お酒と一緒に併用する事で人により幻覚症状が出たりする場合があります。これは薬の成分がアルコールにより過剰に反応してしまうからだと言われています。

連用した際にも注意が必要で、毎日使っていくと効果が半減してしまいます。そのため決められた量よりも多く摂取し、それを続けると依存症状が出てしまいます。効果が出にくいにも関わらず、薬が無いと不安になって連用をつづけてしまう睡眠薬依存はこうして起こります。