子供の生活の夜型化

現代発展とともに、24時間化と生活夜型かが著しくなってきました。生活夜型し、睡眠時間が減少する傾向があります。こうした生活環境で、子供たちに大きいな影響を与えます。そして、子供の生活の夜型化が問題になります。

子どもの心や身体の発育には、食事と睡眠が欠かないものです。近年、夜の10時以降にも起きている子どもの数が増加していると言われます。子どもの就寝が遅くなる原因といえば、保護者の親が眠る時間が遅くなっていることを思い出す人が多いです。そして、睡眠中には、重要なのは成長ホルモンが分泌されることです。子どもの睡眠が不足なら、成長ホルモンの分泌量が少なくなったら、子どもの心と身体の成長に影響が生じる可能性が実証されています。分泌量が減ることで、次のような影響が生じる恐れがあります。

①肥満傾向
②知能の発達が遅れること
③運動神経の発達が遅れること
④体の成長が遅れること
⑤情緒が不安定になりやすいこと

または、睡眠不足につれて、子供は睡眠障害が出る可能性んもあります。代表としてのは、睡眠時無呼吸症候群という障害です。睡眠時無呼吸症候群とは、夜間のいびきや無呼吸・睡眠中の陥没呼吸・起床時の不機嫌などの症状があります。睡眠時無呼吸症候群になる主な原因は、アデノイド・扁桃肥大です。3-6歳の児童に最も多く、肥満よりむしろやせ型の子供に多いのが特徴です。この年代は習慣的に昼寝をすることが少なくないので、日中の過眠よりも多動・衝動行為・学習障害などがみられることが多いといわれています。

その他、子どもによくみられる睡眠障害には、ねぼけやおねしょ(夜尿)があります。ねぼけは睡眠時随伴症の一つで、睡眠時遊行症と睡眠時驚愕症が代表的です。睡眠時遊行症では、起きあがって寝床の上に座るだけのものから、ドアや外に向かって歩き出すものまでさまざまです。
不眠・睡眠不足と生活習慣病との悪循環で、子供の成長に大きいな悪影響を与えます。食事や生活習慣を見直し、減量指導が必要となります。そして、子供の健康のため、まず、親も良好な睡眠習慣を養成してください。