睡眠導入剤に関する情報

近年、ストレスや生活習慣のため、不眠症や睡眠不足の方が増えています。 いい睡眠がとらないと、ストレスが溜まって、体も壊します。日本人の5人に1人が眠りに何らかの悩みを持つといわれており、加齢とともに不眠は増加し、 60歳以上の方では約3人に一人が睡眠問題で悩んでい<ます。それを改善するため、睡眠薬、睡眠導入剤使う人が増えています。

睡眠薬とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物で、睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれています。全国の薬局・ドラッグストアでご購入いただける「寝つきが悪い」、「眠りが浅い」といった一時的な不眠症状を緩和する薬で、多くの製薬会社が製造・販売していて、現在、数多くのものが使用されています。

睡眠導入剤の効果として一般に広く認められているのは、入眠障害や中途覚醒の改善に効果があるというものです。つまり、寝つきを良くしたり、夜中に目が覚めてしまわないようにする働きや機能があるのです。

睡眠導入剤の副作用として認められている症状としては、日中異常な眠気に襲われることに加えて、めまいやふらつきが起こりやすいと言われています。睡眠導入剤の影響が翌日に持ち越すことで、「持ち越し効果」といわれます。特に高齢者の方や足腰が弱くなっている方などの場合には、ふらつきに伴って転倒してしまう危険もあるため、十分な注意が必要でしょう。車の運転などにも注意が必要です。

また、睡眠導入剤の別の副作用として、一過性の記憶障害が起きる可能性があると報告されています。長期に服用することで依存性や習慣性が高まる危険性もあり、精神依存性もあります。さらには、倦怠感や頭痛という副作用が起こる場合もあります。その他にも太る、将来認知症になるリスクといった心配の声が上がっています。また、自殺の危険性も挙げられています。

ここでは、現在、日本国内でよく使用されている睡眠導入剤の種類を比較・整理しています。

エチラームは精神安定剤・睡眠導入剤です。神経症による不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害、うつ病における不安・緊張・睡眠障害。心身症などに効果があります。固まってしまった筋肉を緩めてリラックス効果を高めてくれる作用のある薬として人気です。

デパスは、睡眠導入剤の中でもリラックス効果に優れます。エチゾラムをメイン成分としており、不安や緊張を和らげる効果に定評がありますね。長期間服用すると、辞めてから不眠症が悪化する可能性、また離脱症状が起こる可能性もあります。

オススメ:

睡眠導入剤通販|不眠症対策 – 薬友